サマリアの女 ヨハネ福音書4章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4:6そこにはヤコブの井戸があった。イエスは旅の疲れで、井戸のかたわらに腰をおろしておられた。時は六時ごろであった。 4:7ひとりのサマリヤの女が水をくみに来た。イエスは「わたしに水を飲ませてください。」と言われた。 4:8弟子たちは食物を買いに、町へ出かけていた。 4:9そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」――ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかったからである。―― 4:10イエスは答えて言われた。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなたに水を飲ませてくれと言う者がだれであるかを知っていたなら、あなたのほうでその人に求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたことでしょう。」 4:11彼女は言った。「先生。あなたはくむ物を持っておいでにならず、この井戸は深いのです。その生ける水をどこから手にお入れになるのですか。 4:12あなたは、私たちの先祖ヤコブよりも偉いのでしょうか。ヤコブは私たちにこの井戸を与え、彼自身も、彼の子たちも家畜も、この井戸から飲んだのです。」 4:13イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。 4:14しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」 4:15女はイエスに言った。「先生。私が渇くことがなく、もうここまでくみに来なくてもよいように、その水を私に下さい。」 4:16イエスは彼女に言われた。「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい。」 4:17女は答えて言った。「私には夫はありません。」イエスは言われた。「私には夫がないというのは、もっともです。 4:18あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。」 ~~4:25女はイエスに言った。「私は、キリストと呼ばれるメシヤの来られることを知っています。その方が来られるときには、いっさいのことを私たちに知らせてくださるでしょう。」 4:26イエスは言われた。「あなたと話しているこのわたしがそれです。」

サマリヤの女は見捨てられた女

サマリヤの女に出てくる女性は、誰よりも愛を求めていましたが、誰からも愛されてはいなかったようです。

通常は、井戸の水は朝にくむものですが、この時は6時とあります。今の時間でいうと、ちょうど正午くらいとなります。彼女は人目を憚って、暑い時間にわざわざ、一人で水をくみに来ていたのです。それは、彼女が皆に対してやましいところがあったということです。陰で何を言われているか、彼女は本当は社交的で知的な女性だったのかもしれません。でも、今は誰にも会わないように、こそこそと生活をしていたのでした。

サマリアの女性は、現代にもたくさんいるようです。見た目は元気でも心が乾いている人。そんな人は何をしても満たされない感覚がつきまとうものです。たとえ、キャバクラで豪遊したり、高級マッサージを受けてみたり、ホストクラブで推しに優しくされたとしても。また、世間をななめから眺めては愚痴や悪口を言いまくっても、その心の渇きはなかなか埋めることはできません。

そんなことで一時的に渇きをなくしても、すぐに乾いてしまうのです。サマリアの女性は、そのような女性でした。

そんな彼女が出会ったのは、ちょうどそこで休んでいたイエスキリストでした。

人生最大の出会い

これが、彼女にとって人生最大の出会いとなりました。イエス様は彼女に声をかけます。「わたしに水を飲ませてください。」と。彼女は驚いてこのように返します。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」

その当時サマリヤ人は罪のあるものとして、ユダヤ人から疎まれていました。当然、サマリヤ人に話しかけるユダヤ人などいなかったのです。ましてや、この女性はサマリヤ人の中でも人目を気にして生きていた女性です。

水をくみに来たとき、イエス様がいることに気がついていたとしたら、相当気まずい気持ちなっていたでしょうし、引き返していたかもしれません。

そんな自分に、まさか相手から話しかけてくるとは。めちゃくちゃ焦っている彼女が目に浮かびます。そんな彼女に、イエス様は、もしあなたが私を誰だか知っていたとしたら、あなたの方から、私に水を求めるでしょう。そして、私はあなたに生ける水を与えたことでしょう、といった意味のことを言います。彼女は意味が分からずに、ただ、イエス様が水を与える方だという言葉を聞いて、何もくむ物を持っていないのに、どうやって井戸の水をくむのですか、と質問します。しかし、イエス様が与えようとしていた生ける水は、井戸の水ではなかったのです。イエス様は、女性が乾いていることをご存知でした。のどが渇いているのではありません。心の渇きを知っていたのです。愛を渇望しながら、誰からも愛されず、彼女の心に水をかけてくれる人はいませんでした。彼女は本当に、乾ききっていたのです。

イエス様が与える水

イエス様は、女性にこのように言います。「この(井戸の)水を飲む者はだれでも、また渇きます。 しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」

物質的には私たちは飲んだらまた渇きます。だから飲み続けなければなりません。乾きすぎてしまうと、死んでしまいます。しかし、イエス様を一度心に受け入れると、心に水を与えてくれます。そして、イエスキリストが与える水を飲む者は、決して渇くことがないと言っています。それだけではありません。その水がどんどん増し加わり、やがてその人の中に泉ができ、そこからどんどん水がわき出ると言っているのです。女性はその水をわたしに下さい、と告白します。

そこでイエスは、女性に、あなたの夫をつれてきなさい、といいます。まさにそれこそが、彼女が人目をはばかる理由だったのです。イエス様もそのことをよくご存知でした。女性は困った末に告白します。私には夫がいないと。そして、イエス様は女性の現状について「あなたには夫が五人あったが、今あなたといっしょにいるのは、あなたの夫ではないからです。あなたが言ったことはほんとうです。」という言葉を送るのです。

信仰には、告白が必要

自分の隠したいこと、嫌な部分を告白することが、自分のこころの扉をあけることになるのだと思います。そうすることで、ようやく、そこに、水が入ってくるのです。心が乾いている人は、自分で水をいれないように、心を閉ざしているからです。だから、私たちには祈りが必要です。誰にも言いたくない弱さも、神様になら言えるでしょう。私たちは祈りによって、自分のことを告白します。

サマリヤの女に対して、イエス様は(半ば強引にこじ開けたような気もしますが)心の扉を開けたのです。もちろん、女性は飛び上がるほど驚いたことでしょう。そして、何もかもご存知なのに、あえて私に話かけ、そして、決して渇くことのない水を与えようと言われていることに、驚きとともに、喜び、羞恥、困惑、感激、恐怖と様々な感情が混在したことでしょう。

その後、女性は、イエスが言い伝えで言われている、キリストであることが分かります。そして、この女性を通して、この地の多くのサマリヤ人がイエスキリストを信じるようになるのです。この後、そのように信じた人々が女性に言います。「もう私たちは、あなたが話したことによって信じているのではありません。自分で聞いて、この方が本当に世の救い主だと知っているのです。」と。

彼らもまた、女性を通じてイエスキリストを知り、そしてイエスキリストによって、水を与えられたのでした。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。