ジグザグを使ったトレード方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZigZagというインジケーターを使ってみましょう。

ZigZagはとても使い勝手のいいインジケーターなので、僕もエントリーチャンスを探すのに使っていた時がありました。

今は一目均衡表をメインに使っていますが、ZigZagもなかなか使い勝手のいいインジケーターですし、初心者に限らず、結構多くのトレーダーに愛用されている話を聞きます。

早速ですが表示してみましょう。

ZigZagを表示してみよう

はい。これがZigZagですね。周期は初期設定の12.5.3です。ご覧のように価格の最高値、最安値を結んで、ジグザグに動いているのが分かるかと思います。

分かりやすいですね。設定の数値はZigZagの間隔に関わってくるものです。例えば、分かりやすくこれを10倍ずつ、120.50.30に設定するとしましょう。

するとこのようになります。

広がりましたね。これだとあまりにも広がりすぎですので、自分の手法が特に今ない方は初期設定としておきましょう。

ZigZagを使ってトレードしてみよう

ZigZagを使ったトレード方法はたくさんあります。前回底値を過ぎた時、だとか、高値を超えた時、だとか、いろいろな人に愛用されているインジケーターですから、使い方も千差万別です。ここではお勧めの使用方法をご紹介したいと思います。

それは、

切り下がっている高値をラインでつないでみて、もしくは切りあがっている安値をラインでつないでみて、反転逆張りを狙う方法です。

高値は切り下がっていなければなりません。どんどん切り下がって、3回目に山を作って反転したところがエントリーチャンスです。

安値は切り上がっていなければなりません。どんどん切り上がって、やはり3回目に山を作って反転したところがエントリーチャンスです。

実際に上のチャート図に解説を加えましたので見てください。

自分でチャートを表示して、過去2年分くらいのチャートをみながら、ここでもそうか、あそこでもそうか、と納得しながらラインを引いていきましょう。

そういうことを楽しみながらしていると、リアルで動いているチャートの中でも、自然と、「これは大きく反転する兆しかもしれない。」「ここで反転したらエントリーできるな」という予感が働くようになります。そしてそれはなかなか有効な武器になります。特に、損切し損ねているポジションがあれば、早々に見切りをつけることもできますしね。

単純だけど面白い!ジグザグを使ったトレードをどうぞやってみてください。

でも必ずデモトレードやボーナス使用のトレードで試してくださいね。慣れるまでは過去チャートで確認作業をしてください。

幸運をお祈りします。

※ 海外FXでボーナスを使ってトレードしよう

 

SNSでもご購読できます。