ポンド円は移動平均線で反発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

70日移動平均線の抵抗にあっていたので、おそらく反発するだろうな、と思いロングで入り、

しばらく放置して+40pipsで利益確定していました。

見ていたのは4時間足です。

ずっとあげあげが続いていたので、少し小休止していましたがトレンドは健在でしたね。

ただ、70日移動平均線で反発というのは、勢いはあまりないとみています。

ですので、もうすぐ見方を変える必要があるかもしれません。

5分足でレンジが続いている時でも、また、下降トレンドが発生していたとしても、長時間のろうそく足を見れば、どちら方向にいきやすいかは判断できます。

ここだと思うところで入るわけですが、この「ここだ」と思う場所というのは、損切りをできるだけ少なくするポイントで入るということです。

僕は今日6回もエントリーしたのですが、そのうち3回は負けました。でも負けても数pipsで抑えています。

そして3回は利益を得ましたが、そのうちの2回はどちらも+30pips以上でした。

損切しても、傷が浅ければ必ず、必ず挽回できます。

しかし、挽回できない傷もあります。

そういう風にならないように、損切をいかに少なくできるポイントでエントリーするか、

ここを重視して、エントリーすると、トレードにぐっと締りが出てきます。

負けても諦めがつくという感じです。

そういうポイントで見ると、移動平均線から離れすぎたポイントでエントリーすることはしないし、結果、勢いに任せたトレードも減ってくる。そうすれば、おのずと収益は増えてくるはずです。

そうじゃないポイントでエントリーした場合、負けたら遺恨が残ります。そして、何が何でも取り返そうと思い、往復びんたをくらい目が覚める、というあのパターンになります。

見に覚えがある人は多いかと。。

海外FXおすすめしています

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。