ルカ12章25節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたがたのうちの誰が、心配したからといって、自分の命を少しでも延ばすことができますか。

こんな小さいことさえできないで、なぜ他のことまで心配するのですか。

心配はつきない

トレーダーは心配性であることが大事です。ギャンブル的なトレードを捨てて、下がるかもしれない、上がるかもしれないと、常に逆の方向に進む可能性をどこかで考えて、それでも大丈夫というところで、ロットを考えます。

ただ、心配しすぎてエントリーできない人は、それはそれで間違った判断をしています。

入るべきところというものがきたら、積極的にいくべきですね。

心配しすぎても、間違った判断をしてしまうのです。

聖書では、明日のことを思い悩むなと教えています。

見えなくなるもの

僕たちは大きな時間軸の中で生きています。

それは大きく三つに分けることができます。すなわち、過去と、現在と、未来です。

このうち、僕たちにとって重要なものは現在だけです。

現在を生きている僕たちにとって重要なものは今だけ。

過去はすでに過ぎ去ったものだし、未来はまだ来ていないものです。僕たちは、今この日にできる最善をつくすことだけに集中すればいいのです。

特に、明日のことを思い悩むなと聖書はいっています。

老後は大丈夫だろうか。

地震は大丈夫だろうか。

資金は大丈夫だろうか。

結婚はできるだろうか。

思うこと、それ自体は悪いことではありませんし、それへの備えを考えることは「現在の」あなたにとって重要でしょう。

しかし、心配をし過ぎて、現在あなたがすべきことを忘れてしまうということが問題なのです。

労苦はその日その日に十分あるのです。僕たちが今日すべきことは、山ほどあるのに、明日の心配ばかりして、それを後回しにするのは、判断を誤っているということです。

同じようなことをストラーの心理学でも言っています。

何千年もまえに書かれた聖書がすでにそのことを、人への教えとして説いていることはすごいことです。

トレードも今が一番大切

トレードをするときも、今のチャートの動きが一番大切です。

そして、利益をプラスにする(未来のこと)ばかり考えていると、今の判断をミスります。

今すべきことはなんですか。

チャートをみて、条件どおりかを見て、条件に合えばエントリーするし、条件に合わなければ入らない。

ただそのことだけを考えることです。

そして、トレードだけが人生ではありません。その判断が終わったら、今大切にすべき他のことに、目を向けるべきです。

今という時はあっという間に過去になり、二度とやってきません。

今を生きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。