一目均衡表は雲を危険と捉えてエントリーしろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一目均衡表は、使用している人も多いなかなかポピュラーなインジケーターです。トレンド指標の代表格といってもいいでしょう。

転換線、基準線、遅行スパン、先行スパンA、先行スパンBの異なる日数から計算された5つの線と1つの雲から構成されます。

転換線、基準線、先行スパンBの数値は変えられます。

まずはインジケーターを表示してみましょう。

緑が遅行スパン、青が基準線、赤が転換線になります。

表をみてわかるように、雲の上にチャートがあるときには上昇トレンド、雲の下にチャートがある時には下降トレンドが発生しやすいです。

レンジ相場だと、雲が薄くなり、雲の抵抗がなくなります。

トレンドは雲というより、それぞれの線で判断します。まず、転換線(赤)で支えられているチャート。この場合は、トレンドがかなり強いことが分かります。次に、基準線(青)で支えられているトレンドも、押し目がみられますが、ちゃんと反発しているのでトレンドが続いていると言えます。

次に、上昇トレンドが、雲の上限に接して反発するような場合ですが、この場合は、トレンドの継続とみなすことはできますが、もう下方傾向にあると言ってもいいでしょう。雲の中に入ってしまったら、そのチャートはトレンド終了と思った方が安全です。

雲は先行きは見えないですよね、現実世界でもそうです。雲の中は視界がわるいのです。だから、チャートが雲の中に入ったら、無理に方向付けをせずに、また方向を作り出すまで待った方がいいです。

そして、チャートが雲の下限を割り込んだら、完全にトレンドの終了と判断します。この後、素直に下降トレンドに入ってくれればいいのですが、たいがいはレンジで遊ばれますので、注意が必要です。もし入るとすれば、いったん上がってから、(もしくは下がってから)基準線、もしくは転換線での押し目買い(もしくは売り)がいいかと思います。うまくトレンドの始まりをとらえることができれば、大きな利益につなげることができます。

かくいう僕も愛用している一目均衡表はなかなか便利なのですが、レンジ相場に弱いので、あんまりあてにしていると痛い目をみます。僕もそうでした。

上の中央右側の揉み合っているあたりを見てください。このように、基準線は揉み合いの中心になることがあります。なので、安易にトレンドのつもりでエントリーすると、実はもろにレンジの真ん中ということが多いのです。ただ、その場合は、雲が薄くなり、基準線と転換線ももつれ合う状態になるので、その部分で判断がつけば、戦略を変えるか、トレードを中断するようにしてください。

分かりやすいインジケーターなのでおすすめします。一目均衡表を使って、トレンドをがっつりつかんで、しっかり稼ぎましょう!

 

健闘をお祈りします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。