小泉進次郎への逆風とポンド円トレード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一斉にあっち向けほい

一斉に批判が始まった。成功者に厳しい負け犬根性のかたまりの日本。気持ち悪さはぬぐえない。

お前なんか嫌いだー!

環境問題、セクシーに動いてもらえばいいじゃないか。だいたい、大臣になって数週間の人間が国際会議の場で具体策なんてだせるわけないだろ。そもそも、環境省がそんなもの用意してないんだから。規定路線にのってるだけで、注目されているが故の批判って感じだな。

それから、汚染水問題?海に流すしかないって前の大臣の発言、簡単に批判的なことを口にしたのは問題だった。稀釈して海に流せば安全だということを前提にすれば、ああいう不安を持たせる発言にはならなかっただろう。

でも、批判しているやつらは、大部分が環境問題なんてどうでもよくて、小泉を批判してPVを得たいだけだから、まあ、しばらくは仕方ないな。

ちなみに、ずいぶんと擁護しているけど、僕自身、小泉が好きなわけではない。

好きとか嫌いとかいう感情は、この人に対して感じたことはないし、そもそも環境相にそこまで何かを感じたことは未だかつてない。

そう考えると、こうやって記事にするくらい、今は世間にも注目されているわけだから、この注目を環境問題に向けることができたら、これまで無難にやってきた大臣には決してできなかったことができるだろう、とは思う。

さて、ポンド円

さて、今のポンド円はいつものことだが、イギリスのEU離脱問題が佳境にあるせいで結構な動きをする。

今日もショートで入っているけど、そして下のような感じですべての通貨で今のところ利益になっているけど、どうなるかは神のみぞ知るというものだ。

ロット数は遠慮気味をおすすめする。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。