平安を与えてくださる神さま(ヨハネ14-27)

わたしは、あなたがたに平安を残します。

わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。

わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。

あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。(ヨハネ14章27節)

平安を与える神

僕たちはいつも心を騒がせている。誰かによって、または自分自身によってもそうだ。

僕も、経済的なことについては、トレードで稼げるようになってからは全く心配はなくなったけど、それはただ単に、世が与える平安にすぎない。

神様から与えられる平安は、もっとずっと深くて、心の芯まで染み渡るような平安だ。

そして、それは、永久に尽きることがない。

全てを神様にゆだね、心に神様を受け入れると、すっと心が楽になる。

もう、自分一人で生きる必要はないし、誰かのことを恨む必要もない。あなたを縛るすべてのものから解き放たれる。あなたが背負うすべての重荷がかるくなる。

誰かを恐れることもしなくていい。

ただ、自分でいればそれでいい。

勘違いしてほしくない。神様を信じることは、まるで今までの自分を否定したり、自分を自分として認めなくなるのでは、と考える人がいる。

それは全く違う。

神様を信じるということは、自分を自分のまま受け入れるようになるために欠かすことができない。

自分という存在を認める。

例えば、あなたは父と母のことを受け入れているだろうか。好きな人もいれば、二度と会いたくないという人もいるだろう。

同じ血が流れていることさえも許せない、そんな人もいるかもしれない。

でも、存在は認めざるを得ないはずだ。あなたの父と母は間違いなく存在する。だから、あなたがここに存在するのだから。

では、祖父と祖母の存在もそこにあるはずだし、その前も、その前も、あなたの存在の前の前には、星の数ほどの人生があった。

自分をそのまま受け入れられずに、誰かの評価だったり、評判だったり、そんなくそくだらないことに心奪われて、この人生をそのことだけに賭けて終わっていく方が、それこそ、くそくだらない人生だとは思わないだろうか。

神様を信じ、受け入れたら、絶対にそんなことにはならない。

なぜなら、あなたをここに、この地上に誕生させたのは神様だからだ。あなたの人生の前の前の、ずっと前からそこにいて、今、あなたをようやく、この地上に誕生させたのである。あなたの人生を何よりも、あなたよりも、友達よりも、両親よりも、大切なものとして考えているのは、他ならぬ神様なのだ。

そんな神様が、くそくだらないことに人生を終えることを許して下さるはずがない。そんなことを望んでもいないのだ。

だから、神様を信じるということは、自分の人生を自分のものとして歩むことの近道になる。神様がそばにいてくれるということを知る。その平安たるや、他に例をみない。

明日も、明後日も、神様の守りがありますように。

わたしは、あなたがたに平安を残します。

わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。

わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。

あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。(ヨハネ14章27節)

豪ドルはトレンドを作りやすい

タイトルのまんまだが、豪ドルはとても初心者向きで、扱いやすい通貨だ。

値幅を大きくないし、落ち着いている。なので、初心者にはとってもおすすめしたい通貨だ。

いきなりポンド円オンリーとなるよりは、豪ドルオンリーでいった方が、値幅はポンド円より少なく感じるかもしれないけれど、1か月たったころには、結局豪ドルの方が資金は増えていると思う。

今日はここでロングエントリーした。

緑がエントリー線。赤が損切ラインだ。

だいたい、利益確定もこのあたりでした。豪ドルの場合は、20pipsは少し狙いすぎの印象がある。これもトレードの時間帯によって変わってくるが、今日はポンド円も入れる形ではなかったので、利益がもらえるだけでもありがたいことだと思っている。

身の丈にあったトレードをする

少しずつの積み重ねが、FXでは一番の武器になる。

それを一瞬で溶かしてしまう場合もあるのが、FXの怖さでもある。

だから、資金管理は絶対に必要だ。自分を律することができない人は、FXでは絶対に勝てるようにならない。

絶対に負ける。

自分を律することができる人は、少しずつ、利益を増やしていけるし、そうすれば、大きいロットで勝負ができる。

そこまでくれば、一日数万円の利益が簡単に出せるようになる。

でも身の程を知ることも大切だ。僕はいつも、そんなロットではエントリーしていない。

コンスタントに、1日数千円を狙っていくのが自分の身の丈だと思っている。

それでも、月に数度は、トレンドに乗りすぎてしまって、利益が数万円になってしまうこともある。

その時は、ただ、感謝しかない。

※ 海外FXで人生を豊かにしよう

信仰によって歩む、コリントⅡ

わたしたちは、見えるものによらないで、信仰によって歩いているのである。
コリント人への第二の手紙 5:7

見えるものはもろく、形あるものはいつか壊れてしまう。空の空、全て空しいものだと、ソロモンはかたっている。

僕の友達で、彼氏の行動一つに、ものすごく左右される人がいた。

彼女の話を聞いていると、彼女は自分の人生ではなく、彼の人生を歩んでいるように感じた。ひどい扱いを受けても、別れたくないから、耐えていた。

保身もあったかもしれない。別れたくないし、傷つきたくない。妥協もあっただろう。皆こんなものなのでは?

ネットサーフィンで、似たような境遇の人を見つけては、慰められていた。

僕からしたら、危なっかしくてしょうがない。終わりのない蟻地獄なのに、いつまでそこに希望を置いているのか、甚だ疑問だった。

だって、彼女の意思とは関係なく、彼女は幸せになったり、不幸になったりを、他人によって決められているようだから。それは、もう、土の船で海に出るようなものだと思った。

結局、彼女はうまくいかなかった。

彼女は、ついに疲れはてたようだった。そして、やけになり、ささいなことでイライラするようになり、よく喧嘩するようになって、嫌気をさされて、一方的に別れを告げられた。

どうすれば良かったのか。終わった後ならいくらでも言えるが、少なくとも、寄りかかるものが人である場合は、それは一番もろいのだろう。

彼氏を信じることはいいことだろう。特別な人がいることは決して悪いことではない。

でも、そこに自分の価値を置いてはいけない。彼がいてもいなくても、その人の価値は変わらない。でも、多くの場合はそうは思われていない。彼女は、彼の喜ぶことをすることが、自分の価値だと勘違いをしていた。

結果として、彼女は自分の言いたいことも言えなくなっていた。それはもう、ただ利用されてるだけ。セフレと変わらない存在になっていた。でも、どうしようもなかった。彼女には、他により頼むものがなかったからだ。

まさに、恋は盲目だった。

だったら、まだ、自分だけを信じる、という方がいいかもしれない。いざとなったら頼れるのは自分だけという、そんな社会で生きているわけだから。

わたしたちは、見えるものによらないで、信仰によって歩いているのである。

パウロはそのように語っている。

信仰によって歩む人は、自分を創った神に価値を置いている。だから、全くぶれない。

例えば、彼から、一人の人間として、尊厳を傷つけられたとしよう。前述の彼女は、耐えた。

でも、信仰によって生きる人は、黙ってはいけない。毅然と相手を批判するべきだし、自分はお前のオモチャじゃないと、主張するべきだ。

自分の価値は神様が決めるもので、既に神様は、自分のことを愛していると言っているからだ。

信仰を持つことは素晴らしいこと

信仰によって歩む時、僕たちは、ものすごく力づけられる。

人生の先に希望を持つことができるし、その希望は、決して失望に終わることはない。

だから、その人は打ちのめされることがない。

自分さえも信じられなくなったときは、信仰によって歩んでみるといい。ものすごく、肩の力が抜けることだろう。

ポンド円で135PIPS頂きました(10・17)

ポンド円は素直な動きをするので、値幅の揺れ幅になれると、他の通貨が少しまどろっこしく感じるかもしれない。

僕のトレードがポンド円中心なのはそのためだろう。はっきり言って、ユーロ円より全然いい。

でも、そんなポンド円だから、注意をしなければいけないことも多い。

今日のトレードは、ここでショートエントリー。

少し前に書いたとおり、がくんと下がったら、下がり続ける傾向が強い。というやつだ。

でも、これには少し条件がある。例えば、1時間足でMA20やMA50の直近でないことだ。

今日はそういった条件をクリアしていたので、ショートエントリーというだけ。

それが、このようになった。

ここで利益確定だ。

理由は二つ。ここで1時間足がMA50に接触、反発をしているから。

二つ目に、基本的に今は上昇トレンド中だ。対方向へのエントリーは絶対に長居してはいけない。

もう少し待てば、もっと伸びたのに

と思う回数と

あそこで利益確定していればよかった

と思う回数は、圧倒的に後者の方が上ではないか?そう思うなら、長居はしない方がいいという結論になる。

2回目は、ここでロングエントリーだ。

これはさっきのトレード終了から1時間くらいたった時点の1時間足だ。

見事に反発していることが分かる。このように、しっかりと上への動きを見せ始めてからエントリーした方がいい。

焦って足が終わらないうちにエントリーしたくなるが、くそみたいなエントリーだ。

そして、この場合は、さっきと違い、長く持つ。できるだけ、欲張る。

なぜなら、今は上昇トレンドだからだ。流れにのったトレードと言える時は、しっかりと利益をとりにいくこと。

この場合は、前回高値の140円に利益確定線を引いた。

そのくらいポンド円は欲張ってもいい。

それが、このようになる。

基本的にエントリーした後は放置スタイルの僕は、夜にチャートをあけてみる。すると、なんと、141.47までぶち上げた。その後急降下している。)

もちろん、140円の利益確定線は余裕でぶち抜けている。

これだけで100PIPS以上獲得していることになる。

おしかった。200PIPSいけた。と思ってはいけない。

たんたんと、ただルール通りにやっているだけ。

明日もいいトレードにしよう。

※ 海外FXで人生に劇的変化を

ポンド円で100pipsいただきました

今日はたった1回のトレードだった。祝日で遊ぶのに忙しい中、かじりついてトレードなどやってられない。

僕は基本的には、損切と利益確定線を引いたら、しばらく放置するデイトレーダーだ。

ただ、一番いいのは、エントリーポイントより、利益確定線を上げてしまい、最低でも+、そんな状態になってからの方がいいとは思っている。

今日のエントリーポイントはポンド円のこちら。

僕の愛用するXM、とりたてて不満はないのだけれど、損切線は、現在の価格より最低でも10PIPS離れたところからしか引くことができない。

僕にはそのあたり、まったく影響はないが、スキャルビングを好むトレーダはたまったものではないだろうとは思う。

ただ、だから負けました。はただの言い訳だ。その程度で負けるようになるのなら、最初から勝てるトレーダーではないということだ。

このエントリーポイント、もちろんロングで入るのだけれど、5分足だけだと、なぜロングで入るのか分かりずらい。(緑がエントリーポイント。赤は損切線。既に価格が上昇しているので、最低でもプラスとなるように損切線は移動)

1時間足も見てみよう。

これが、1時間足。昨日、どーんと上がり、本日は調整のためどんどん下がる相場だった。しかし、50MAで見事に反発をしているのが分かる。

これがなければ、この下がりは調整ではなく、本当に下がっているのだと判断するが、この反発は大きい。しっかり上がったのを確認して、ロングエントリー。

利益確定線は、どこにするか、今は随分上がっているようだけど、ここでは少し早い。

もう少しチャート全体をさかのぼってみると分かる。

利益確定線にはフィボナッチを使う。特にこのような反発バージョンの時、なかなかの威力を発揮する。フィボナッチの設定数字は、ここでは一応内緒ということにしておきたい。

これによるとだいたい137.0くらいまでは上がってほしいことが分かる。当然、利益確定線は137.0におく。

今の段階で、136.374だ。

あと、64PIPS伸ばして利益となるか、37PIPS減らして利益100円となるか。

確立は50%くらい、だとしたら、確実に勝負するべきだ。

でもそうでない相場もある。相当強い抵抗となる価格があったり、もっと大きな時間軸でのトレンドの動きが違う場合などだ。その場合は、37pips頂ければ御の字なわけだから、早々に利益確定してしまうほうが絶対にいい。まあ、他の通貨と違って、ポンド円の動きは大きく動きやすいので、そういった通貨の特徴も判断には入れる。これが豪ドルなら、ここで利益確定している。

このあと、このチャートはこんな感じになる。

137.3くらいあがっただろうか。しっかりと100pipsをいただくことが出来た。

そのあと、急激に値を下げている。こういった場合は、この後、伸びきらないかもしれない。これ以上のロングエントリーは少なくとも今日はやめておいた方がいい。

なぜ、137を境にチャートの動きが変わったのか。この相場を見ている人たちが、同じようにフィボナッチを意識している可能性が高い。一つの境界線の価格として十分考えられたし、キリのいい数字ということも手伝ったのかもしれない。

明日もいいトレードをしたい。

※ 海外FXで人生にゆとりを

生死を分けるポンド円

当然ながら、今日のポンド円はロングだ。

僕はここで入った。

ここでロング。赤は損切り線。必ず設定する。分かりやすいポイントだと思う。今のポンド円の勢いは尋常ではないので、よほどのことがなければ大丈夫だと思うし、あえて、利益確定の価格は定めない方がいいと思った。

それでこれだ。

あまりにも順調すぎて怖いくらいだが、とりあえず利益確定だ。すると、そのあと、とんでもないことが起こる。これだ。

なんと、一瞬、ほんとに一瞬だけ、100pipsも値を下げた。そして、また、何事もなかったかのように、あがっていく。がーんと上がった直後に流れに乗ろうと思ってロングエントリーした人は、とんでもないことになったと思う。

これが、死の通貨と呼ばれる所以だ。

他方、ショートで反発を狙った人にとっては、素晴らしいボーナスを与えてくれたことだろう。一瞬の利益確定のチャンスを逃さなければ!

一番は、やはり、流れにまかせて、上がるべきところでロングし、下がるべきところでショートすることだ。

流れに乗るだけのスイングトレード

今日のエントリーはここから

この場面はロングエントリー。一時間足だと、このまま上がるのか下がるのか、ちょっと判断に迷うところだが、5分足の動きをみると、このまま上昇する確率のほうが高いことがわかる。ただ、ポンド円ではないので、利幅は望めない。

その代わり損切りも少ないので、初心者には豪ドルは中々おすすめの通貨だと個人的には思う。

また、通貨の中でもかなり素直な動きをする。と、個人的には思っている。

利益確定ポイントはプラス15くらいの165くらいとしておく。

後は、このように伸びるのをひたすら待つ。待つといっても、ご飯食べたり読書していれば勝手に利益確定してくれる。

この時に、チャートは見ない方がいい。一度エントリーしたら、利益確定線に当たるか、損切りされるかは、天にお任せした方がいい。どうせ何もできない。

気持ちを荒立てては、勝てるようにならない。

全てを受け入れる。

そういった境地で、トレードを行うと、いつのまにか、トータルで勝っているから試してみたらいい。

ポンド円の特徴をとらえ➕70pips

離れすぎた移動平均線には近づきたがるもの。とか、フィボナッチで反発点をとらえたら、ある線までは戻るもの、とか、トレードの世界は、こうなる確率がちょっと高いよ、というものがある。

法則などとは言えない。そんな大層なものはトレードの世界にはない。

トレードを長くやっている人なら、あ、上がりそうな気がするな、とか、ここで損切らないと終わる、とか、勘が働いてくる。そういった勘を働かせる一助になっているとは思う。

そういうよくあるチャートの動きというやつだが、これがまた通貨によって、やはり特徴がある。

ポンド円は動く通貨

トレーダーの中には、ポンド円しかトレードしないという人も結構いる。その一方で、ポンド円は素人は手を出すな、なんて言う人もいる。要は、それだけ動きやすい通貨ということだ。当然、損切りできない人などは、絶対に手を出さない方がいい。というか、そんな奴はトレードしてはいけない。

ポンド円の特徴の一つに、一方向に動きやすい、という特徴がある。

ドーンと一回上がったら、そこには入らないのがトレードの原則だけど、ポンド円の場合はそのまま上がり続ける。(ことが多い)

もちろんすぐに戻る場合もあるので、損切りは絶対だし、ベストは、

上がる→少し下がる→下げ止まる→もう一度上がる兆候をみせる

ここでロングエントリーだ。

5分足で見ながら、兆候は1分足で掴むとやりやすいだろう。

今日で言うとこんな感じだ。

赤線は損切りライン、このくらいの損切りなら余裕で受け入れられる。
昨日も書いたが、ポンド円は基本的に現在、下降トレンドだ。下降トレンド中の一時的な上昇は単に戻っているだけで、本来の流れはやはり下降にあると見た方がいい。
だから、長居は禁物だ。特に一時間足などをみると移動平均線に下から当たってたりするので、大きな抵抗にあい一気に元に戻されることがある。早々に利益確定してしまおう。

何度もいうが、損切り設定が重要だ。
下げ止まって、上がる兆候を見せながら、やっぱり下がった場合はすぐに損切りする。

そうやって、損切りをできるなら、かなり有効。トータルでプラスになればいいということを忘れないことだ。

ポンド円のナイアガラ

仕事を終えて、さあ、トレードでもするかとチャートをみたら、すでにものすごいナイアガラになっていた。

またEU離脱が濃厚になるようなニュースでもあったのだろうかと、ニュースサイトをチェックしたところ、あんまり見当たらなかった。こういうのは、そのうち、何だ、それが原因だったのかと、出てくるものだ。

そういうわけで、僕はこのナイアガラに全く乗ることができずに、今さら入る訳にもいかず、本日はノートレードとなりそうだ。

ただ、今回の価格の下落は、少し急な動きだった。前兆的にはロングで入ってもおかしくない。

やはり長時間のろうそく足での下降トレンド中、ロングで入るのは危険だということと、損切りの大切さを教えてくれるようなチャートだろうと思う。

善を知りながら「ヤコブの手紙4章17節」

「人が、なすべき善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である。」

何が善か

ヨハネの手紙の4章には、このように書かれている。これは、単なる道徳の授業で教えているような話ではありません。

いじめはよくないとか、ボランティアを積極的にしなきゃとか、そういうことを言っているのではありません。

善とは、キリストです。キリストは罪なき者として生きました。そして、罪なき者として死んでいきました。

キリストの光に照らされる時、私たちの体は汚物のように真っ黒です。

まるで、真っ白い画用紙の黒い点がものすごく目立つように、私たちの黒さは、キリストの白さの中で際立ちます。

でも、キリストの善を知っています。罪がどういうものかを知れば、キリストの善がどういうものかもわかります。そして、ヨハネは、キリストの善を知りながら、それを行わなければ、それは私たちの罪だというのです。

これは、クリスチャンに向けた言葉です。

私たちは、この言葉によって、自分が罪人であると、告白することができます。告白するしかなくなるのです。キリストの善を知りながら、私たちはそれを行えません。罪人というと、法社会では法を犯した犯罪者のようですが、ここで言っているのは、神の前でどうかということです。

私たちは、神の前では全員が、罪人なのです。

そしてキリストは、罪人を救うために来たのです。