海外FX!比較と最新ニュース

≪厳守!≫適切なトレード回数とは!?

トレード回数は成績と反比例すると言われています。やみくもにやっても損をするばかり。トレード回数は1日0~3回にして下さい。

手数料を払いまくるトレーダー

そもそも、FXトレードはエントリーした段階ですでに手数料取られていますよね。海外FXもスプレッドという形で手数料を払っています。

2PIPSのスプレッドだったとすると、0.1ロットで200円、1ロットで2000円も払っているのです。エントリーするだけでですよ!でもそれ以上の利益を見込んでエントリーするんですけど。それにしても高いと思いませんか。でも、エントリーする時にはそんなこと忘れちゃうんですよね。それで、10回トレードしたとしましょう。0.1ロットで2000円。1ロットで2万円の手数料を支払っているんです。勝っても負けてもです。

だから、手数料の低い方がいいじゃん!!と勝てないトレーダーは思うんです。

頭では分かっていると思いますが違います。そんな手数料が少し高いから負けるのではないし、スプレッドが少し広いから負けるのではないのです。

手数料の低さではなく、トレードの回数が問題なのです。

今日からトレード回数は1日0~3回くらいに抑えましょう。

※ スキャでトレードをするスタイルの人には当てはまりません!デイトレードの方向けの記事です。

なぜトレード回数を0~3回にすべきなのか

1 トレード時間

まず、トレード時間を考えてみましょう。トレードは日本時間、アメリカ時間、ヨーロッパー時間を意識して行うことが普通です。

9時ころからが日本時間

16時ころからがヨーロッパ時間

21時ころからがアメリカ時間

となりますので、その辺りの時間にチャートが大きく動く傾向にあります。なので僕のように大きな価格の流れについていくスタンスのトレーダーは、トレード時間もそこに合わせて行うのが一般的な手法となります。

最も推奨されることは、各時間帯に1回のトレードです。

もちろん、条件に合わない場合はエントリーしませんので、0回になります。無理をする必要はないのです。自分の手法にあった時に、入ればいいのですから。でも時間帯を考えることはとても重要です例えば、日本時間の終わりころ、15時ころには、価格が流れとは違う動きをすることが多くあります。そういう時にだましが発生するのです。ですから、各時間帯を考えて、その時間帯のロウソク足を見て、大丈夫そうであれば入りましょう。

2 リベンジトレードの抑制

リベンジトレードがいかにくそかということは、前回の記事で書いたとおりです。リベンジトレードは絶対するな!

トレード回数を絞ることはこのリベンジトレードをできなくするということですから、非常に有効です。あれやこれやと考えなくてすむ。やらなければいいだけの話です。それ以上損をすることは絶対にない。スマホを閉じる。パソコンを閉じる。それだけで、安全地帯に避難したと思うべきです。決して

チャンスを逃した

と考えてはいけません。チャンスだと思っている時点で負けです。ルールどおりなら入る。ただそれだけを、淡々と行うことが重要です。

そして、無駄な出費(手数料)を抑えるというのも、もちろん理由の一つですね。

明日からのトレードを見直す機会としてください。来週からのトレード成績がぐんと改善するはずです。

※ さあ、今すぐ海外FXをはじめよう!

XMに口座登録してはじめる!(王道)

GEMに口座登録してはじめる!(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(優良)

+15PIPS!リベンジトレードは絶対するな!

少しあいてしまいました。昨日はトレードしませんでしたが、一昨日はユーロドルで‐15PIPSでした。

結論を言えば今日は+15PIPSですので、とんとんで今週のトレードはおしまいとなります。

ここでロングエントリーして

びよーんと伸びて利益確定線にあたってしまいました。もう少し伸びるかもしれませんでしたが、

テレビ見ている間に当ってしまいました。

豪ドルは素直な動きをすることが多いので取りやすいのですが、価格ぶれが大きいわけではないので、

こんなものでいいです。

本日は+15pips

この前と合わせてトントンなので、

合計+54pipsで変わらずです。

リベンジトレードがダメな理由

リベンジトレードはくそです。

取り返すことに何の意味もありません。その時、取り返すことができたとしても、将来的に、リベンジトレードをやる人は必ず自滅からです。

そもそもなぜくそなのかを分かっていない人が多い。大切な資金を守るために、真剣に考えてもらいたいテーマです。

トレードというのは価格が上がると思うからロングで入る、下がると思うからショートで入ります。

そのためのルールと手法を自分なりに立ち上げているはずです。

いったんそのルールで入って負けたということは、今日のチャートとその手法は相性が悪いのです。その時どのようにしますか。

1 相性が悪いと思って、別の手法に切り替える。

2 たまたま動きが少しおかしかったと思って、同じ手法を続ける。

3 とりあえず価格の動きについていく。

これ、どれも不正解。不正解というかどれも最悪です。

トレードにおける正解はルールどおりに入れたかどうかであって、損失分を取り返せたかどうかではありません。

まず、

1 別の手法に切り替える。

別の手法に切り替える理由は損失分を取り返したいからです。つまり、自分の行動に都合のいい理由付けをしているだけにすぎません。そしてそれがうまくいかないと、「しまった。やっぱり最初のであってたんだ」とさらにトレードを続ける結果になり、自滅への道を歩み始めます。その手法はいい手法かもしれません。しかし、いい手法といい手法を組み合わせると悪手になる、というのはトレードの世界では本当なのです。

2 たまたま動きが少しおかしかったと思って、同じ手法を続ける。

これも同じです。相場の動きがルールと違っていた場合、もっと大きな力が働いていると思っていいでしょう。僕たちのような個人トレーダーには入り込めない領域の話です。トレードは僕たちを中心にまわってはいません。どんな手法も、大きな価格の流れについていくことしかできないのです。そうしようと思って入って、ダメだった。これはもっと大きな力が働いて、相場が不安定になっている証拠です。そんな時に同じ手法にこだわることは間違いです。そしてそんな不安定な相場の動きを予測しようと思っても土台無理な話です。エントリーしても、不安でしょうがないでしょう。だって、もっと損するリスクを、エントリーする時には完全に忘れているし、マイナスが膨らむと、その現実を瞬く間に思い出すからです。

3 とりあえず価格の動きについていく。

ひょっとしたら、これが一番成功率が高いかもしれません。成功率が高いので、できた!という邪魔な経験が、僕たちのトレードをめちゃくちゃにします。ルールも何もない。取り返せればそれでいい。そうやって自滅していくのです。特に大きく価格が上がった後、よく天井をつかむ人、底をつかむ人いませんか?

何でおればっかり!そういってスマホを床にたたきつけていませんか???

トレードは、価格が上がる「だろう」と思うからロングする、下がる「だろう」と思うからショートするのであって、

価格が上がったからロングする、下がったからショートするものではありません。

この部分を間違えると、スマホを壊すくらい、床にたたきつけることになります。

結論は、自分の手法でダメだった日は、

ゲームでもやって、飯くって、飲みに行ったり、好きなことして過ごして、また明日チャートをあけてみる。

というのが、僕たちの精神を楽にして、資金を守る唯一の方法ということです。

健闘を祈ります。

※海外FX

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)

「必見!」勝てる確率、負ける確率で考えるFXトレード

例えば猿がトレードしたら勝率はどうなるでしょうか。上がるも下がるも予測も立てないのであれば、千回繰り返せば、おそらく勝率は約5割でしょう。

実際に相場には、流れがあり、時代があり、情勢がありなので、確率論をつきつめても意味がないような気がします。僕たちは、今、この時に勝てるトレードをすればいいわけですから。

ただ、あなたが愛用しているトレードルールは、勝率何割のものか把握していますか?それは正確な数字でしょうか。損切の数値は妥当でしょうか。何を根拠にしているでしょうか。いろいろなことを考えると、さらに自分のトレードルールに愛着がわいてきて、トレード成績も比例して跳ね上がると思います。

コツコツか、大きく狙うか

少し確率の話を掘り下げてみたいと思います。今、ここに勝率7割のトレード手法があるとします。さらに、この手法でうまく勝った場合、10pipsしか伸びない確率が15%、20pipsしか伸びない確率が30%、30pipsしか伸びない確率が15%、40pipsしか伸びない確率が10%、50pips伸びる確率が8%、60pips伸びる確率が6%とします。普通トレードする時はチャートの形をみて、条件を見て利益確定、損切をしますので、あくまで考え方として読んでください。この数値はあくまで体感として、適当な数字を当てはめるといいでしょう。自分のトレードではどうか考えてみてください。

話を戻します。上の条件の中では、うまく7割の確率で利益を伸ばすことができたとした場合、

60pips獲得できる確率は6%、50pips獲得できる確率は14%、40pips獲得できる確率は24%、30pips獲得できる確率は39%、20pips獲得できる確率は69%、10pips獲得できる確率は84%と考えることができますね。

この場合、もともと勝率が70%ですので、つまり30%は損切することとしていますから、1回のトレード全体の確率を考えると、

60pips獲得できる確率は4%、50pips獲得できる確率は10%、40pips獲得できる確率は17%、30pips獲得できる確率は27%、20pips獲得できる確率は48%、10pips獲得できる確率は59%となります。

期待値を考える

ここで、それぞれの期待値を見てみましょう。期待値とは、その行動をとった場合に、期待できる成果と考えてください。求め方は獲得pips×確率です。やってみるとこのようになります。

60pipsを狙う時の期待値は2.4

50pipsを狙う時の期待値は5

40pipsを狙う時の期待値は6.8

30pipsを狙う時の期待値は8.1

20pipsを狙う時の期待値は9.6

10pipsを狙う時の期待値は5.9

となります。

つまり、このトレードの考え方では、20~30pipsで利益確定するのが一番効果的であるということになります。

※海外FX

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)

損切の方も見てみよう

一方で、損の方をみてみましょう。さきほど、

60pips獲得できる確率は4%、50pips獲得できる確率は10%、40pips獲得できる確率は17%、30pips獲得できる確率は27%、20pips獲得できる確率は48%、10pips獲得できる確率は59%

と書きました。それ以外、何も手を打たないとすると、60pipsを狙ってそこに利益確定線をおいてそれ以外は全て-20pipsで損切するとすると、

60pipsを狙った場合96%が損切、50pipsを狙った場合90%が損切、40pipsを狙った場合83%が損切、30pipsを狙った場合73%が損切、20pipsを狙った場合52%が損切、10pipsを狙った場合41%が損切

となります。普通は損切設定は利益が伸びればどんどん動かしますから、少し乱暴な設定になっていますが、

この場合、損切の期待値を見てみましょう。損切は全て-20です。

60pipsを狙った場合96%が-20pipsで損切→期待値は-19.2

50pipsを狙った場合90%が-20pipsで損切→期待値は-18

40pipsを狙った場合83%が-20pipsで損切→期待値は-16.6

30pipsを狙った場合73%が-20pipsで損切→期待値は-14.6

20pipsを狙った場合52%が-20pipsで損切→期待値は-10.4

10pipsを狙った場合41%が-20pipsで損切→期待値は-8.2

となります。

ここで青色からオレンジ色を引いてみますと

60pipsを狙う時:-16.8

50pipsを狙う時:-13

40pipsを狙う時:-9.8

30pipsを狙う時:-6.5

20pipsを狙う時:-0.8

10pipsを狙う時:2.3

となりますね。この手法で、何も損切設定を動かさないで、放置する場合、+10pipsで利益確定を設定しておくのが一番いいということが分かります。

そんなこと言ったって、トレンドの時に入る手法なんだから40くらい狙ってますけど~、通貨によって違いますけど~

はい。そのとおりです。

実際は、このような結果にはなりませんし、損切設定だって動かしますしね。

しかし、あなたのトレード手法はどのような数値をはじき出しているか把握しているでしょうか。損切設定は適切でしょうか。利益確定方法はあいまいではないでしょうか。

自分の手法を見つめなおす時に、少し考えてみてもいい視点であると思います。

 

必見!これが資金100倍への道!だから海外FX!

海外FXをおすすめする理由と、安全に資金を増やすために絶対、確実に知らなきゃ死亡しますよ、という話を書きます。

レバレッジ

海外FXの魅力は何と言ってもハイレバレッジです。このサイトで紹介しているXMは888倍、GEMは何と1000倍、タイタンは500倍、いずれも日本のFX会社の25倍を大きく上回っています。

しかし、大きければいいというものではありません。大きければ、確かに、少ない資金でトレードを始めることができます。例えば、1000円しか口座にない場合、日本では25倍のレバレッジをかけて、0.002ロットしかトレードできません。(まあ、こんなトレードありませんが)できたとしても10pipsで20円の利益。やってられますか、という話です。

一方、海外FXであれば、例えば上の3社の中で一番レバレッジが小さいタイタンの500倍で考えてみても、1000円で約0.05ロットの取引ができてしまいます。20pipsとれば1000円の利益です。いきなり資金を2倍にすることだってできてしまうんです。僕が1000円を運用するとして、海外FXでトレードしていいなら1万円にすることはそんなに難しくはありませんが、日本のFX会社では先に根気が続かなそうです。

でも、1000円ならいいですよ。

博打のようなトレードで失っても大したことないですからね。でも100万円が口座にあったとして、いきなり500倍の50ロットでトレードする奴は、気がくるっているとしか言えません。

だから、みなさんのように、真面目に、海外FXで確実に資金を増やしていきたいと考えている人はレバレッジは大きくても50倍くらいに抑えてください。

つまり、一万円で0.05ロット、10万円で0.5ロットまでです。それでも日本の25倍より大きな恩恵を受けることができます。たった2倍の差だと思いますか?とんでもありません!これはとてつもない差ですよ。試しに見てみましょうか。

資金100倍への道

1万円から資金を100倍、つまり100万円を目指すとします。

海外FX、レバレッジ50倍でのトレードと、国内FXレバレッジ25倍でのトレードを比べてみましょう。仮に1回のトレードで20pipsずつ獲得すると過程します。

すると、このようになります。

どうでしょうか?海外FXで資金100万円を達成するだけのpipsを獲得しても、国内FXではまだ10万円です。レバレッジ25倍と50倍でもこれだけの差があるのです。

ただし、もちろんトレードには勝ち負けがあります。そして負けた時は、必ずその分レバレッジを小さくしてトレードすることを忘れないようにしましょう。

そうしないと、必ず資金を失います。国内FXがレバレッジを25倍に定めているのは、そうやって資金を失う人がいないように、という配慮もあるのです。ですから、必ずセルフコントロールをしながらトレードをするように心がけてください。

また、レバレッジ50倍までというのは、最大でもということです。もし、10万円からのトレードを考えているのなら、最初は30倍くらい、つまり0.3ロットくらいで少しずつ資金を貯めて、20万円になったくらいで、チャンスがあれば50倍、というふうにした方がいいです。

元資金以下にはしない

という、トレードをすることは、メンタルを正常に保ためにも、とても重要なことなのです。

今日はこのあたりで。

海外FX口座はこちらをお勧めしています。

それでは、前途を祝します。

2月8日先行き不透明

今日の円相場は若干円高ドル安方向だが、ほぼ横ばい。

米中通商協議については、ムニューシン米財務長官は「非常に生産的」とのコメントをしているが、やはり先行き不透明感は否めない。

協議は中国への技術流出をどう食い止めるかなどに焦点があたっており、課題は山積。

そうなると、安心通貨と言われる円を買う動きが、今は先行していることから、若干の円高ドル安なのだろう。

3月の交渉期限までに何らかの妥結点を見出だせるか、こうしている間にも米国では中国への駆け込み需要が増え、貿易赤字が拡大してるらしい。

そうなると、しばらく円高路線は続くのか、わかりませんな。

ちなみに、僕のトレードはチャートのみで行ってますので、こんなニュースはどうでもいいのですが、暇潰しに把握しております。
nbsp;

海外FXを始める前にこれだけは知っておくこと

 

まずは認識しよう

海外FXの証券会社は山ほどありますが、まずは当然ながら、日本語のサポートがしっかりしているところ、日本での運営にしっかりとした実績があるところを選ぶべきです。

ただ、その前に、一つだけ大事なことを認識しなくてはいけません。FXでは、会社選びが重要であると同時に、実は本当に大事なことはセルフコントロールであるということです。

証券会社によって、それぞれ特色があるのは、日本も海外も一緒です。ボーナスが少し多かったり、スプレッドが少し小さかったり・・。でも、実はそのような問題は、僕たちのトレード成績に必ずしも直結するものとは言えません。大切な資金を守ってもらいたいので、あえて言いますが、

稼げない人はどこの証券会社でも稼げない

ということを、まずは認識しなければいけません。特にレバレッジの高い海外FXをこれから始めていくわけですから、新たな自分に生まれ変わるくらいの気持ちで、無駄・無謀なトレードは絶対にしないと、心に決めましょう。

いや、心に決めるだけでは不十分です。もう何回も負けている人は、毎日繰り返しお祈りしましょう。

神様、どうかどうか、今日も正しいトレードができますように。

無駄なトレードで、心が焦ることのないように助けて下さい。と!

さあ!海外FX会社を決めよう

さて、どこでもいいと言っても、それではあまりにも元も子もないので、ここを選べば間違いない。少なくとも、証券会社のせいで負けたー!などと言わずにすむであろう、厳選の海外FX会社をご紹介したいと思います。

ポケモンと一緒です。これを見て、

「きみに決めた!」

と思うところに、口座を持てばいいと思います。関係がないといっても、相性はありますからね。それぞれ、共通しているところは、入金以上の損失がないということと、ディラーを介さないNDD方式を採用しており、公平なトレード環境にあるということです。この辺りは、本当に海外FXの方が優れていますね。

まずは、とりあえず3社をご紹介します。

   証券会社 スプレッド
 ドル円・平均
レバレッジ追加証拠金
(入金以上の損失)
約1.6
スタンダード
888倍なし
約1.2
オールインワン
1000倍なし
約1.3
スタンダード
500倍なし

この3社、とりあえず約定力は問題ありません。たまにくるくる回って決裁が遅れることもありますが、それは日本の証券会社でも普通に起きる程度のレベルのものです。

FXをまだ知らない人のために少し説明しますが、まず、スプレッドというのは、売値と買値の差額のことです。海外FXは、一般的に日本の証券会社よりスプレッドが大きいと言われています。(つまり、プラスにもっていくためのハードルが若干高い)。実際、日本の証券会社はドル円のスプレッドが0.1~2というのもざらにあります。それもそのはずです。なぜなら、日本と違い、取引手数料が無料だからです。海外FXでは、このスプレッドが手数料の変わりになってるんですね。

実際、上記のFX会社は、様々な口座の種類を持っていて、それぞれ極小スプレッドの口座も用意しています。当然ながら、その場合は、豊富なボーナスがもらえなかったり、手数料がかかるようになったりと、デメリットもありますので、

例えば上げ下げが激しいレンジ相場でガンガントレードを仕掛けていきたい人は、スプレッドの小さい口座を選べばいいし、トレンドの流れにのって大きく利益を伸ばすタイプの人は、スプレッドが1pips違うことなど、大した問題ではないのですから、スタンダードな口座でボーナスの利点を享受するという選択をお勧めします。

トレードのスタイルに応じて、様々な口座タイプを用意してくれていますし、一つの証券会社で複数の口座を持つことも認められていますので、相場の動きに応じてトレードスタイルを変更できる人は、どちらの口座にも登録しておくのもありでしょう。

→ XMの口座タイプをチェック

少し前置きが長くなりましたが、この大事な大事なスプレッドと同じくらい重要なのが、約定力です。つまりオーダーを迅速適切に処理する能力ですね。どんなにスプレッドが小さかろうが、約定力が不足しているところはストレスばかりがたまってしまって、いいトレードができない要因になってしまいます。そういう意味では、まず問題のない3社といえます。

万能×王道=XM

最大レバレッジ888倍、リクオートのない安定した取引環境、豊富なボーナスを提供するXMは海外FXの金字塔的存在で、日々、新規口座開設者を増やし続けています。どこにするか迷った時はとりあえずXMに口座を開けば間違いありません。

口座開設とともに3000円のボーナスがもらえ、さらに初回入金ボーナス100%、つまり5万円入れたら10万円分の取引が可能なキャンペーン中です。さらにXMは豊富なボーナスが有名で、このような100%ボーナスを初回に限らず、年に数回実施してくれます。

また、取引のたびにその額に応じたボーナスが付与され、実際にトレード資金として活用できます。ボーナスの出金はできませんが、ボーナスによる利益の出金はできます。クレジットカードからの入金だと、手数料もかからず、さらにクレジットそのもののポイントもつきますので(買い物と同じ感覚)お得です。もちろん銀行口座からの入金も手数料は無料ですが、日本の銀行へ払う振込手数料は数百円かかります。ちゃんと1万円振り込んだら1万円口座に反映されていますよ。

ただし、それは1万円以上の場合です。銀行振り込みの場合、例えば5千円の入金だと手数料がかかってしまい、それだけで相殺されて口座には反映されません。だから入金するなら一万円以上にしてください。クレジットと場合は1000円でも手数料無料で入金できますよ。

日本語のサポートもしっかりしていて、追加証拠金もなし、何かと安全安心なXM、王道の選択と言っていいでしょう。

→ XMの口座開設はこちら

お得×満足=GEM

GEMは個人的に相当おすすめなFX会社です。なんとなんと、期間限定ではありますが、口座開設時2万円のボーナスと入金100%ボーナスのダブルボーナスは魅力です。この記事を書いている時はありますが、どうぞ見に行ってください。やっていたらラッキーです。口座開設するだけで1円も入金していないのに口座に2万円のボーナスが入っているんですよ?できる人なら、この2万円だけで十分トレードで利益を積み重ねることもできるでしょう。

さらに、入金金額100%ボーナスもついてくるので、最初からかなりお得にまとまった資金でトレードを開始できます。この太っ腹な対応は、すげっ・・・と思うばかりです。

だからといって、取引環境が悪いわけでもなく、約定力もしっかりしているし、ちゃんとゼロカットもしてくれるので、不用な借金を抱えることもありません。さすが、顧客満足度が高いわけです

口座開設はすぐにできますが、ボーナス反映のためには身分証明書の提出が必要となります。運転免許証などの身分証明書と公共料金の明細のような住所が確認できるもの。それから、身分証と自分が一緒にうつっている写真の3点は、アップロードできるように用意しておいた方がスムーズですよ。

とりあえず、少ない資金ですぐにでも海外FXを始めたい!という方、どうせやるなら、GEMでがっつりボーナスをもらって始めてみてはいかがでしょうか!?

→ GEMに口座開設する!

最狭×安心=タイタン

スプレッドの狭さと良好なトレード環境に定評があるタイタンFXです。レバレッジも500倍なので、少ない資金で十分なトレードができます。

特にブレード口座は本当にスプレッドが小さいのでお勧めしますよ。なんでも、世界中の十数社の為替マーケットネットワークとAAAクラスの大手銀行とのアライアンスにより圧倒的に低いスプレッドを実現したという・・・ちょっと分かりにくいですが、とにかくスプレッドが小さいことは事実なので、相当な企業努力をされたんだろうなぁと思います。積極的な、攻めのトレードをするタイプの人には特に魅力的ですね。

約定力も申し分なく、日本語のサポートも月~金は24時間対応してくれますし、当然ながら追加証拠金の発生もありませんので、安心してトレードを行うことができます。口座開設に身分証の提出が必要ないので、すぐにでも口座開設できてしまうのもうれしいですね。(もちろん、入出金のためには身分証明書の提出が必要なので、用意はしてくださいね!)

タイタンFXは、ボーナスが少ないことでも有名ですが、その分、トレード環境に還元されていると思います。それにまったくないかというとそうではなく、期間限定のキャンペーンなどはあるので、チェックしてみてくださいね。

手数料無料のクレジットカード、bitwallet、ネッテラー、Skrillなどを含む幅広い選択肢から入金方法を選ぶことができます。

→ タイタンFXで口座開設する!

口座開設は勢いが大切です。特に身分証明書の提出がないと、ボーナスが判明されませんので、免許証などの身分証明書は用意しておきましょう。スマホで撮ってアップロードするか、郵送するか方法はいろいろあります。また、最初の話に戻りますが、選びすぎてもあまり意味がありません。むしろ、そこでどういったトレードをするかが100倍重要です。

 

最強の海外FXトレーダーになるよう、前途を祝します。