トレード結果(随時更新)

管理人の実際のトレード結果を示しながら、若干の解説を加えるブログ。
手法は人それぞれ違うので参考にしてもらう程度のページです。

めちゃくちゃ素直なポンド円

昨日のショート目線のトレードは完全にはまった感じで、トータルの利益がすごいことになっていることは置いといて、

さて、今日はどういった相場でしょうか。経験的に昨日のような動きをした翌日は、動きが掴みにくい感じになる。だから、今日はあんまりポンド円でのトレードは控えようかと思っている。少なくとも夕方ころまでは放置したい。

ちなみに昨日のポンド円はこんな感じで下がった。

結局133.0で利益確定

他の通貨も軒並み下がり、全てショート目線でエントリーしてた僕は寝る前に手仕舞いさせてもらった。

少しずつでいい。ルールどおりに入って、ルールどおりに抜ける。

今日もいいトレードをしよう。

小泉進次郎への逆風とポンド円トレード

一斉にあっち向けほい

一斉に批判が始まった。成功者に厳しい負け犬根性のかたまりの日本。気持ち悪さはぬぐえない。

お前なんか嫌いだー!

環境問題、セクシーに動いてもらえばいいじゃないか。だいたい、大臣になって数週間の人間が国際会議の場で具体策なんてだせるわけないだろ。そもそも、環境省がそんなもの用意してないんだから。規定路線にのってるだけで、注目されているが故の批判って感じだな。

それから、汚染水問題?海に流すしかないって前の大臣の発言、簡単に批判的なことを口にしたのは問題だった。稀釈して海に流せば安全だということを前提にすれば、ああいう不安を持たせる発言にはならなかっただろう。

でも、批判しているやつらは、大部分が環境問題なんてどうでもよくて、小泉を批判してPVを得たいだけだから、まあ、しばらくは仕方ないな。

ちなみに、ずいぶんと擁護しているけど、僕自身、小泉が好きなわけではない。

好きとか嫌いとかいう感情は、この人に対して感じたことはないし、そもそも環境相にそこまで何かを感じたことは未だかつてない。

そう考えると、こうやって記事にするくらい、今は世間にも注目されているわけだから、この注目を環境問題に向けることができたら、これまで無難にやってきた大臣には決してできなかったことができるだろう、とは思う。

さて、ポンド円

さて、今のポンド円はいつものことだが、イギリスのEU離脱問題が佳境にあるせいで結構な動きをする。

今日もショートで入っているけど、そして下のような感じですべての通貨で今のところ利益になっているけど、どうなるかは神のみぞ知るというものだ。

ロット数は遠慮気味をおすすめする。


とりま順調なポンド円だが

週末に書いたとおり、今週は下降気味のポンド円だが、昨日はずいぶんと荒い動きをした。

こういうときは静観に限るのだが、僕の場合は面白そうで入ってしまう。もちろん少ないロットだけど。

結果やや負け😥いいことない。せっかく利益が出ていたのに惜しい日だった。

そんな自戒をこめて、トレードで大切な心得を書いておきたい。

ロットは心揺らさない数でやれ


まず一番大事なものはこれ。トレードするときは損切り設定をすると思うが、僕の場合はだいたい20pipsで設定している。損切りを20pipsでした場合、「全然大丈夫~」と余裕かませるかどうかということ。エントリーした後で、チャートを閉じてお茶でも飲めるロット数といってもいい。

まさか冷や汗を書きながら、発狂しながら、チャートにかじりつき、勝ったら大喜び、負けたら資産の5分の1を失うようなロット数でエントリーしてないか。

小泉進次郎じゃないが、トレードはスマートでなければならない。そうしないと、損切りに耐えられずに、変なところでチャートから離脱したり、利益確定が早すぎたり、結果、いいことにはならない。

トレード理由をいえるか

トレードは全て自己責任だが、いい監督者がいたほうがいい。トレードにおいては、それは自分しかいない。トレーダーは全員が取締役社長みたいなものだ。自分で業績を伸ばすために、リサーチやエントリーを自分で行う。

リスクマネジメント、業績管理の責任者は自分以外にいない。だから業務日誌は自分で書いて自分に報告しなければいけない。

そこで、理路整然と素晴らしい業務日誌が書けるだろうか、ということが重要だ。もし、会社の方針と全く違うことをしていたら、その人は首になるだろう。

例えばあなたが自分の部下に、A社と契約してこいって言ったのに、そいつが無能でB社と契約してきて、そっちの方がいいと思いました、と結果報告されたら、どうだろうか。そういうことを、トレードの中でもしてはいけないということだ。

むやみにエントリーするな

トレードはただじゃない。エントリーするたびに、ロット数に応じた手数料を払っている。僕の場合は数千円を払う。

普段の生活の中でも、数千円あれば飲みにいける。それだけのお金を、ただエントリーするだけで払っているということを強烈に認識しておくべきだ。

だから、絶対ここ、ここしかねー!そのタイミングまでじっとまつ。待つことがトレードの一番重要なスキル。どこまで待つかは、自分のルール次第なので、それは人それぞれだけど、とりあえず自分の番は必ずやってくる。

必ずやってくるチャンスまで、ゆっくり別のことをしてまってもいい。トレードは真剣にやるべきだけど、それまでの自分の時間が充実したものでなければ、トレードしている意味はない。

色々書き足りないけど、とりあえず今日はこんなところで。

今日もいいトレードをしよう。

トレンド転換ポンド円

上昇トレンドは一旦おしまい、ずいぶんと値を下げた。

昨日は135.30あたりでショートではいり、134.85あたりで利益確定。画像なし。忘れた。ってか、昨日はトレードどころじゃなく忙しかったので、ろくにチャートもみれなかった。

今みたら、134.09まで下がっている。

このままおそらく、下がるだろうと思うので、来週はショート目線でトレードしようかと思う。

来月末に合意なき離脱がどれだけ具体化するか、それ次第なところもあるのだけど‥それがはっきりするまでは、大きな価格の揺れが予想されるので、エントリーするときはロット数によくよくご注意ってことかな。

最近進化論について考えている。進化論って、生命の誕生について、アメーバみたいなものを想定しているんだよね。単細胞生物みたいな。

そもそも、何もないところから単細胞生物ができるなんて、単細胞をバカにしてないか?あんなにも複雑な核と細胞と遺伝子が、どうやったらできるのか。未だにアミノ酸を造り出すことしかできない人間の導きだした結論としては、あまりにお粗末。

かといって、神の存在も信じられない人は、何か説明つけなくちゃいけないものね。それで進化論、頼みの綱は長い時間ってことか。それにしても、そうやって一生懸命出した結論が、我々は長い年月の偶然の産物なんだから、また、夢のない話だな。

ポンド円は移動平均線で反発

70日移動平均線の抵抗にあっていたので、おそらく反発するだろうな、と思いロングで入り、

しばらく放置して+40pipsで利益確定していました。

見ていたのは4時間足です。

ずっとあげあげが続いていたので、少し小休止していましたがトレンドは健在でしたね。

ただ、70日移動平均線で反発というのは、勢いはあまりないとみています。

ですので、もうすぐ見方を変える必要があるかもしれません。

5分足でレンジが続いている時でも、また、下降トレンドが発生していたとしても、長時間のろうそく足を見れば、どちら方向にいきやすいかは判断できます。

ここだと思うところで入るわけですが、この「ここだ」と思う場所というのは、損切りをできるだけ少なくするポイントで入るということです。

僕は今日6回もエントリーしたのですが、そのうち3回は負けました。でも負けても数pipsで抑えています。

そして3回は利益を得ましたが、そのうちの2回はどちらも+30pips以上でした。

損切しても、傷が浅ければ必ず、必ず挽回できます。

しかし、挽回できない傷もあります。

そういう風にならないように、損切をいかに少なくできるポイントでエントリーするか、

ここを重視して、エントリーすると、トレードにぐっと締りが出てきます。

負けても諦めがつくという感じです。

そういうポイントで見ると、移動平均線から離れすぎたポイントでエントリーすることはしないし、結果、勢いに任せたトレードも減ってくる。そうすれば、おのずと収益は増えてくるはずです。

そうじゃないポイントでエントリーした場合、負けたら遺恨が残ります。そして、何が何でも取り返そうと思い、往復びんたをくらい目が覚める、というあのパターンになります。

見に覚えがある人は多いかと。。

海外FXおすすめしています

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)

手堅くいきましょう

一昨日、昨日と、ポンド円はエキサイティングな動きをしていた。ああいう時はいかに損失を少なくしながらトレードするかにかかっている。

トレードは損失を少なくしたほうが勝つ。やみくもに、焦って損失しても、資金はずり落ちてくるが、それでも、損ぎりできないよりはマシと思う。

その証拠に、例えば昨日のトレード

こんな風に、今日も楽勝だなっと思っていたら、ナイアガラが待ち受けていて、せっかくの利益が吹き飛んだ。

まあ、損切りラインをエントリーより上にしていたので、無傷だったけど。

ここで、また上がるだろうと、僕が損切りラインを消したりしたら、証拠金の半分が吹き飛んでいただろう。

さて、今日のトレード

ここでロングエントリーして、

ここで、いつの間にか利益確定されてたので、プラス35pipsくらいとなりました。

明日から休みだ✨(*^^*)

ポンド円、爆あげ3

それにしても、おととい位から、ポンド円は買いでしか入ってないけど、素直な動きでしたね。

昨日は調整入ってました。

すこしやられました。笑

今日もロングかな?

ポンド円爆あげ

後でニュースで知った話ですが、イギリスのEU離脱が延期される法案が可決したことからポンド円は市場の安心感から急激に値を伸ばしていますね。

僕はそんなことは知らなかったのですが、チャートは本当にいい形をしてくれます。なので、このように、きちんと利益をいただくことができました。

 

チャートを見ていると、いつでもチャンスに思う人がいます。

いま下がっているからチャンスでは?

いまの勢いに乗れたら大儲けでは?

損失分を今日中に取り戻せるのでは?(今日中に取り戻す必要は全くないのに)

そして、本来の自分では絶対に入らないような、以前たまたまうまくいったターンに似ているような気がする形の時に、または人からちょっと聞いたような形に少し似ているような気がしたために、意気揚々とエントリーし、撃沈されるのです。

うまくいったらいったで、そのなんとなくのパターンが正に正攻法のように自分のなかで確立されてしまうのでたちが悪いのです。つまり、大負けするまでやって結局稼げません。

僕も、いつも勝てるわけではありません。

ルールどおりやっても、損失はでます。その損失を、しっかりコントロールの中に入れていることが大切です。

それにしても、チャンスがいくらでもあるのが相場のいいところです。

こんなにチャンスがありすぎていいものでしょうか。

僕たちがポチっとすれば、すぐに相場の大海に出ることができます。

危険もたくさんあります。おぼれないように、浮き輪(損切り)だけは身体結着でいきましょうね。

海外FXおすすめしています。

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)

トレード実践記録ポンド円

トレードは簡単だ。

でも、簡単にはいかない時もある。条件を守ってしっかりトレードをしていれば、

このように

ここから、

こんな感じで、いくだろうし、

ここから

こんな感じで振れ幅でとることもできる。

 

例えばこのように、振れ幅でとったときには、注意を要する。

ここでさらにエントリーすると、しっぺ返しをくらうし、そもそもルールにそぐわないからエントリーはしない。

トレードは正直者が制する。

それにしても久しぶりの更新。

ついついめんどくさがってしまう。。。。--

またがんばります。

3月14日ポンド円爆益!

こんばんは。

さて、本日のトレードです。

ポンド円は相変わらず、分かりやすい動きをしていましたね。

ここでロングエントリーです。

損切はだいたい-20pipsのところにつけています。僕は-20pips以上の損失は認めませんので、かなり損切幅をとった方です。

今のポンド円は値動きが激しいですからね、-10とかはちょっとした拍子ですぐにいってしまいます。その分+60pipsのところに利益確定線をおきました。

それが

どーーんと、いつの間にか利益確定線にあたってしまったパターンです。

ここで利益確定です。+60pipsでした。

少し前に反発ポイントがありますね。もっと広い時間軸で見ると、この149辺りはなかなか強固な反発ポイントであることがわかります。そういう時は、無理をしない方がいいです。

案の定、この後、どんと反発しましたね。ポンド円は逆方向に行ったら早めに損切してしまうことです。待っていたら、とんでもないことになってしまいます。

今日のトレードはこれでおしまい。大満足でした。明日も頑張ります。

本日+60pips

合計+344pips

のってきました。

※ あなたも海外FXでトレードしよう!

一人で歩いているのか

主よ私は知っています。人間の道はその人によるのでなく、歩くことも、その歩みを確かにすることも、人によるのではないことを。エレミヤ書10章23節

私たちは自分の足で歩いています。自分の意思と決断を持って、人生を歩いているように見えます。でも、聖書は歩くことも、その歩みを確かにすることも人によるのではないと教えています。私たちが歩くとき、手を引かれているのかもしれません。迷った時、知恵を与えられているのかもしれません。苦しい時、肩を抱えられているのかもしれません。

もう一歩も歩けない時、背負われているのかもしれません。

そのような力ある存在を、感じてみたいですね