リベンジ

≪厳守!≫適切なトレード回数とは!?

トレード回数は成績と反比例すると言われています。やみくもにやっても損をするばかり。トレード回数は1日0~3回にして下さい。

手数料を払いまくるトレーダー

そもそも、FXトレードはエントリーした段階ですでに手数料取られていますよね。海外FXもスプレッドという形で手数料を払っています。

2PIPSのスプレッドだったとすると、0.1ロットで200円、1ロットで2000円も払っているのです。エントリーするだけでですよ!でもそれ以上の利益を見込んでエントリーするんですけど。それにしても高いと思いませんか。でも、エントリーする時にはそんなこと忘れちゃうんですよね。それで、10回トレードしたとしましょう。0.1ロットで2000円。1ロットで2万円の手数料を支払っているんです。勝っても負けてもです。

だから、手数料の低い方がいいじゃん!!と勝てないトレーダーは思うんです。

頭では分かっていると思いますが違います。そんな手数料が少し高いから負けるのではないし、スプレッドが少し広いから負けるのではないのです。

手数料の低さではなく、トレードの回数が問題なのです。

今日からトレード回数は1日0~3回くらいに抑えましょう。

※ スキャでトレードをするスタイルの人には当てはまりません!デイトレードの方向けの記事です。

なぜトレード回数を0~3回にすべきなのか

1 トレード時間

まず、トレード時間を考えてみましょう。トレードは日本時間、アメリカ時間、ヨーロッパー時間を意識して行うことが普通です。

9時ころからが日本時間

16時ころからがヨーロッパ時間

21時ころからがアメリカ時間

となりますので、その辺りの時間にチャートが大きく動く傾向にあります。なので僕のように大きな価格の流れについていくスタンスのトレーダーは、トレード時間もそこに合わせて行うのが一般的な手法となります。

最も推奨されることは、各時間帯に1回のトレードです。

もちろん、条件に合わない場合はエントリーしませんので、0回になります。無理をする必要はないのです。自分の手法にあった時に、入ればいいのですから。でも時間帯を考えることはとても重要です例えば、日本時間の終わりころ、15時ころには、価格が流れとは違う動きをすることが多くあります。そういう時にだましが発生するのです。ですから、各時間帯を考えて、その時間帯のロウソク足を見て、大丈夫そうであれば入りましょう。

2 リベンジトレードの抑制

リベンジトレードがいかにくそかということは、前回の記事で書いたとおりです。リベンジトレードは絶対するな!

トレード回数を絞ることはこのリベンジトレードをできなくするということですから、非常に有効です。あれやこれやと考えなくてすむ。やらなければいいだけの話です。それ以上損をすることは絶対にない。スマホを閉じる。パソコンを閉じる。それだけで、安全地帯に避難したと思うべきです。決して

チャンスを逃した

と考えてはいけません。チャンスだと思っている時点で負けです。ルールどおりなら入る。ただそれだけを、淡々と行うことが重要です。

そして、無駄な出費(手数料)を抑えるというのも、もちろん理由の一つですね。

明日からのトレードを見直す機会としてください。来週からのトレード成績がぐんと改善するはずです。

※ さあ、今すぐ海外FXをはじめよう!

XMに口座登録してはじめる!(王道)

GEMに口座登録してはじめる!(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(優良)

+15PIPS!リベンジトレードは絶対するな!

少しあいてしまいました。昨日はトレードしませんでしたが、一昨日はユーロドルで‐15PIPSでした。

結論を言えば今日は+15PIPSですので、とんとんで今週のトレードはおしまいとなります。

ここでロングエントリーして

びよーんと伸びて利益確定線にあたってしまいました。もう少し伸びるかもしれませんでしたが、

テレビ見ている間に当ってしまいました。

豪ドルは素直な動きをすることが多いので取りやすいのですが、価格ぶれが大きいわけではないので、

こんなものでいいです。

本日は+15pips

この前と合わせてトントンなので、

合計+54pipsで変わらずです。

リベンジトレードがダメな理由

リベンジトレードはくそです。

取り返すことに何の意味もありません。その時、取り返すことができたとしても、将来的に、リベンジトレードをやる人は必ず自滅からです。

そもそもなぜくそなのかを分かっていない人が多い。大切な資金を守るために、真剣に考えてもらいたいテーマです。

トレードというのは価格が上がると思うからロングで入る、下がると思うからショートで入ります。

そのためのルールと手法を自分なりに立ち上げているはずです。

いったんそのルールで入って負けたということは、今日のチャートとその手法は相性が悪いのです。その時どのようにしますか。

1 相性が悪いと思って、別の手法に切り替える。

2 たまたま動きが少しおかしかったと思って、同じ手法を続ける。

3 とりあえず価格の動きについていく。

これ、どれも不正解。不正解というかどれも最悪です。

トレードにおける正解はルールどおりに入れたかどうかであって、損失分を取り返せたかどうかではありません。

まず、

1 別の手法に切り替える。

別の手法に切り替える理由は損失分を取り返したいからです。つまり、自分の行動に都合のいい理由付けをしているだけにすぎません。そしてそれがうまくいかないと、「しまった。やっぱり最初のであってたんだ」とさらにトレードを続ける結果になり、自滅への道を歩み始めます。その手法はいい手法かもしれません。しかし、いい手法といい手法を組み合わせると悪手になる、というのはトレードの世界では本当なのです。

2 たまたま動きが少しおかしかったと思って、同じ手法を続ける。

これも同じです。相場の動きがルールと違っていた場合、もっと大きな力が働いていると思っていいでしょう。僕たちのような個人トレーダーには入り込めない領域の話です。トレードは僕たちを中心にまわってはいません。どんな手法も、大きな価格の流れについていくことしかできないのです。そうしようと思って入って、ダメだった。これはもっと大きな力が働いて、相場が不安定になっている証拠です。そんな時に同じ手法にこだわることは間違いです。そしてそんな不安定な相場の動きを予測しようと思っても土台無理な話です。エントリーしても、不安でしょうがないでしょう。だって、もっと損するリスクを、エントリーする時には完全に忘れているし、マイナスが膨らむと、その現実を瞬く間に思い出すからです。

3 とりあえず価格の動きについていく。

ひょっとしたら、これが一番成功率が高いかもしれません。成功率が高いので、できた!という邪魔な経験が、僕たちのトレードをめちゃくちゃにします。ルールも何もない。取り返せればそれでいい。そうやって自滅していくのです。特に大きく価格が上がった後、よく天井をつかむ人、底をつかむ人いませんか?

何でおればっかり!そういってスマホを床にたたきつけていませんか???

トレードは、価格が上がる「だろう」と思うからロングする、下がる「だろう」と思うからショートするのであって、

価格が上がったからロングする、下がったからショートするものではありません。

この部分を間違えると、スマホを壊すくらい、床にたたきつけることになります。

結論は、自分の手法でダメだった日は、

ゲームでもやって、飯くって、飲みに行ったり、好きなことして過ごして、また明日チャートをあけてみる。

というのが、僕たちの精神を楽にして、資金を守る唯一の方法ということです。

健闘を祈ります。

※海外FX

XMに口座登録してはじめる(王道)

GEMに口座登録してはじめる(ボーナス多し)

タイタンに口座登録してはじめる(妥当)