フツーに利益でましたね。

前のブログで雇用統計でも何でも形がよければルールどおりに入ってよし、ということを説明しました。大事なことはトータルで稼ぐことであって、一回一回のトレードが危険なことは、別に雇用統計に限ったことではなく、オールタイムそうなのですから。

ということで、ユロドルロングで入りましたけど、結果はぐんと伸びて、+30pipsとなりました。

これが雇用統計前のエントリー時で

僕にとってはこれで入らないわけにはいかないくらいの形でした。

雇用統計後はこちらになります。

今回はあまり影響を感じるものはなかったですね。普通の値動きでした。

もちろん、統計があるときはそうじゃない場合もあります。いきなり下がって損失になることもありますが、それはただ損切りすればいいだけですよね。

普通のトレードと何も変わりません。

むしろ問題は、雇用統計の動きにつられて、ショートにいったりロングにいったり、あれこれエントリーしてしまうことです。

そこにポリシーはあるのかい?

というトレードはなかなかうまくいかない。

 

本日、+30pips

合計+158pips